株式の記事一覧 - 相続で株式・公社債があったら?

HOME » 株式

株式

株式の相続について

家族がなくなると悲しみに暮れる間もないままいろいろなことをやらなければなりませんが、中でも重要になるのが遺産相続です。
遺産相続は亡くなった家族の残した財産を残された家族で分け合うことで、これは被相続人となる亡くなった人の意思と法律で定められた基準をもとに行っていきます。
相続の対象となるものは非常にたくさんの種類があって、現金や土地、住居や自動車、貴金属など財産と呼べるものはほとんどが含まれます。

≫ 『株式の相続について』

株式・公社債の評価

遺産相続と言えばいろいろな財産が対象になりますので、最初の段階でどれが相続する財産となるのか明確にしておいたほうがスムーズになります。
中でも株式や公社債といったものは価値が高くなる、あるいは高額になる可能性があるため正しい評価をしなければなりませんし、トラブルを防ぐためにも全員がそれらの相続について理解しておく必要があります。

≫ 『株式・公社債の評価』

相続で起こる株式買取請求とは

相続する財産に株式があった場合、相続人が次の株主となりますが、このときに株式買取請求を受けることがあります。
株式ならではの特徴ですから、確認しておくといいですよ。

これは相続したその株式を買取させてほしいと、発行元の会社から請求されることです。
親が所有していた株式など、それは親の形見ともいえる資産になるわけですが、株式に関してこの請求をされた場合、相続人は拒否できない場合がほとんどです。
そうなる理由は、株式がやや特殊な資産で、発行数や持ち主を会社側が制限できるようになっているからですね。

≫ 『相続で起こる株式買取請求とは』