株式を相続して現金化したい - 相続で株式・公社債があったら?

HOME » 株式 » 株式を相続して現金化したい

株式を相続して現金化したい

故人が株式の運用をしていても、相続人にそのような意思がないこともありますよね。
このようなときに株式を相続する場合、すぐに現金化したいことも多いでしょう。
そのような対応もできます。

ただし、相続した株式を現金化するには、名義変更が終わっていることが必要です。
株式は誰のものと、所有者が決まっている資産になります。
これを相続するときは、まずはその名義を故人から相続人へと変更する必要があります。
これが終わらないと、その株式の売却などはできませんから、まずは相続手続きを終わらせ、それを相続人の所有物へと変更してください。

これが終われば、現金化もできます。
名義変更が終わった株式は、名実ともに相続人のものとなります。
株式は売却もできますから、もう必要ないと思えば、相続人の意思で売却できるのです。
誰かがそれを買えば、現金化できます。

このような現金化が比較的簡単なのは、上場株式です。
故人が残した株式がこれになる場合は、現金化も比較的おすすめです。
これを現金化したければ、証券会社で売り注文を出す形になります。
売り注文とは、自分が持っている株式を誰かに売りたいという注文のことです。
この注文を見て、誰かが買い注文を入れれば取引成立で、その方に株式を引き渡し、自分は相手から現金を受け取れます。
こうすれば相続した株式を現金化できるのです。

この売り注文の具体的な手続きは、証券会社によっても違うため、自分が新規に口座を開いた証券会社で売り注文の手続き方法を調べてみるといいでしょう。
一般的な売り注文の出し方ですが、指値や成行といったものがあります。

指値とは、自分がその株式を売りたい値段を指定する注文方法です。
この値段で買ってもいいという投資家がおり、その人が実際に入札すれば、取引成立です。
売り注文を出した側からすれば、自分がつけた値段でそのまま売れた形になりますから、比較的有利な売り方になります。

成行とは、その銘柄で出ている買い注文をすぐ入札する売り方となります。
今出ている買い注文のうち、一番高い値段での入札になることは多いですが、それがどんなに安い値段でも構わず、とにかく注文を成立させて売却することを優先する方法です。
値段は気にせず、とにかく早く売って現金化したいときに有利な方法となります。

上場株式なら、証券会社を通すこのような売り方により、比較的簡単に現金化できるのです。
ただし、これが非上場株式の場合は、証券会社は一切関わりませんので、売って現金化するのが比較的難しくなります。
相続した株式がもし非上場株式だった場合、一度専門家まで売却の相談をするのがおすすめです。