株式の相続 - 相続で株式・公社債があったら?

HOME » 株式 » 株式の相続

株式の相続

遺産相続は家族が亡くなってその日から開始されるもので、通夜や葬儀に追われた後も悲しみに暮れる暇もなくやっていかなければなりません。
できるだけうまく進めていくためにはどうやって進めていけばいいのかをきちんと把握しておくことで、知識があるのとないのとでは手続きの速度もまったく変わってくるでしょう。

遺産相続の対象となる財産には非常に数多くの種類があって、どれが相続の対象になる財産なのか分からないものもたくさんあります。
ですからまずは分かりやすいものから知識をつけていって、少しずつ遺産相続について学んでいきましょう。
そこで今回は相続の対象となる財産の中でも特に多い株式についてお伝えしていきますから、これから遺産相続が控えている方はもちろん、する可能性は誰にもありますので参考にしてください。

はじめに株式を相続する前にやっておかなければおかなければならないのが、どのような株式が遺産として残されているかの確認です。
株式には大きく分けて2種類あり、ひとつは上場株式、もうひとつは非上場株式となります。
上場株式とは証券会社や信託銀行を介して取引するもので、株式を発行している会社が公にしており、誰でも購入可能な株式のことを言います。

一般的に株式と言えばこの上場株式を指すことがほとんどで、これは上場されているため日々評価が変化する可能性がありますから、売却するならタイミングも重要になるでしょう。

一方非上場株式とは上場していない、つまり公になっていない株式のことで、こういったものは証券会社や信託銀行は介入していません。
したがって名義変更などを行うときには株式を発行している会社へ直接問い合わせるしかありませんから、相続することが決まったら証券会社や信託銀行へ連絡するのではなく株式を発行している会社へその旨を伝えてください。

そして株式を持っているだけでなく売って儲けを出したいと思うなら、やはり上場株式のほうがより多くの儲けを出せる可能性がありますので、名義変更した後に取引している証券会社や信託銀行と相談しながら売買のタイミングを見ていきましょう。
また、譲渡した株式等の取得費は譲渡価額(売却金額)から取得費(取得価額)と売却手数料等を差し引いて計算しますが、詳しい方法については国税庁のホームページをチェックするか直接国税庁や税理士事務所などへ相談してください。
株式は知識がないと難しい面も多いので、できるだけ専門家に頼るのがポイントです。