株の相続ガイドの記事一覧 - 相続で株式・公社債があったら?

HOME » 株の相続ガイド

株の相続ガイド

相続した株式を売りたい

遺産相続では非常にたくさんの種類の財産が対象になり、その数が多ければ多いほど複雑にもなりますし相続人の間でトラブルになってしまう可能性もあります。
一般的によく知られている財産には建物や土地などの不動産や、自動車や貴金属、現金などがありますが、株式も代表的な財産のひとつと言っていいでしょう。
≫ 『相続した株式を売りたい』

相続時の株式の売却

残された遺産の中に株式があった場合、それを売却することを考える人も多いと思いますが、その際に知っておかなければならないことがいくつかあります。
まず株式に限らず遺産相続するときには相続税が発生する可能性があり、これは総額3,000万円以上からとなっています。
平成26年までは相続税の基礎控除額は5,000万円までだったのですが、改訂されて現在の価格になっているので注意してください。

≫ 『相続時の株式の売却』

相続時の株式の評価

家族が亡くなると残された遺産を相続することになりますが、その中でも株式は相続する可能性が高い部類に入る遺産だと思います。
株式について知識がない人はこれをどのように相続すればいいのか分からないという人も多いので、まずは正しい評価をするところからはじめてください。

株式には大きく分けて2種類あって、ひとつは上場株式、もうひとつは非上場株式です。
上場株式とは証券取引所で取引ができる株式のことを指しており、すなわち株の売買ができる状態にあるもののことです。
上場されていると日々多くの人の目に付きますし、企業の経営状況や評判などいろいろな要素が人気を左右しますから、安定していることもあれば、安くなったり高くなったり変動することもあります。

≫ 『相続時の株式の評価』

株式や公社債の相続の専門家とは

株式や公社債が遺産にあるとき、その相続を相談したいときは誰が専門家になるんでしょうか?
これら資産の専門家は特に決まっているわけではないのですが、よく頼られるのは司法書士です。
司法書士は登記に関する手続きの専門家で、遺産に不動産が含まれているときには、その登記変更のために非常によく頼られる専門家です。
その他、遺産分割協議書の作成代行など、相続が起きたときに頼れる代表的な専門家の一つでもあります。
≫ 『株式や公社債の相続の専門家とは』

相続資産に投資信託があったら

相続資産に投資信託があった場合、これも相続手続きをする必要があります。
まず投資信託とは、個人でやる投資ではなく、投資のプロにお金を集め、そのプロに運用してもらう商品になります。
個人でも購入できる投資信託はたくさんありますので、それらのどれかを購入すれば、自分もその商品に関してお金を出した一人になるわけです。
あとはそれを投資のプロが運営し、利益が出れば出資した金額に応じて配当を受け取れます。
≫ 『相続資産に投資信託があったら』

非上場株式の相続方法

株式の中でもそれが非上場株式の場合の相続方法はどうなるでしょうか?
これが上場株式の場合、基本的にはそれを管理している証券会社を通しての手続きになりますが、非上場株式の場合、証券会社は一切関係ありません。
非上場株式の管理は、それを発行した株式会社が持っている名簿の中で行われているのが基本です。
≫ 『非上場株式の相続方法』