上場株式の相続方法 - 相続で株式・公社債があったら?

HOME » 株の相続ガイド » 上場株式の相続方法

上場株式の相続方法

株式の中でもそれが上場株式だった場合、相続はどうやるのでしょうか?
現在の上場株式の管理は、すべて証券口座の中で行われるのが基本です。
ですから、まずは故人の上場株式が入っている証券口座をチェックしましょう。
その口座を管理している証券会社が分かれば、あとはその会社とのやりとりになります。

証券会社がわかったら、その会社まで口座と株式を持っていた人が亡くなった事実と、相続が発生していることを伝えてください。
すると、証券会社から故人が持っていた株式の詳細と、相続に必要な手続きの書類を発行してもらえます。
この書類を記入し、あとは相続に必要な書類をあわせて提出すれば、上場株式を相続できます。

証券会社から発行される専用書類以外で、手続きに必要になる書類はいくつかあります。
出生から死亡まで遡れる故人の戸籍謄本、相続人全員の戸籍謄本と印鑑証明書、遺産分割協議書などです。
これらは遺産相続でよく必要になる書類ですが、上場株式の相続でも必要になるわけです。
実際に必要になる書類は、実際に手続きをする証券会社で確認するようにしてください。

このほかの特殊な準備物として、上場株式を持っていた故人と同じように、相続人も証券口座を作る必要があります。
上場株式を所有するにはこれがどうしても必要で、相続後、すぐに株を売却する予定だったとしても、この口座の開設が必要ですから注意してください。

このように上場株式でも相続はできるのですが、もし相続人同士で上場株式を分割したい場合は、その株式の単元を下回らないように分ける必要があります。
単元とは、その株式を発行している会社ごとに決まっている、株の最低所有単位のことです。
1株ずつ持てるものもあれば、最低でも100株単位での所有や売買となるものもあります。
上場株式にはこの単元が決まっていることが多く、コレを下回る形での分割は基本的にできません。
たとえば遺産に上場株式が100株ある場合でも、その会社の単元が100株になる場合、それを50株ずつに分割して相続するのは難しいことが多いです。
単元から考えて分割が難しい場合は、特定の相続人がすべて相続する方がスムーズです。