株式や公社債の相続の専門家とは - 相続で株式・公社債があったら?

HOME » 株の相続ガイド » 株式や公社債の相続の専門家とは

株式や公社債の相続の専門家とは

株式や公社債が遺産にあるとき、その相続を相談したいときは誰が専門家になるんでしょうか?
これら資産の専門家は特に決まっているわけではないのですが、よく頼られるのは司法書士です。
司法書士は登記に関する手続きの専門家で、遺産に不動産が含まれているときには、その登記変更のために非常によく頼られる専門家です。
その他、遺産分割協議書の作成代行など、相続が起きたときに頼れる代表的な専門家の一つでもあります。

この司法書士ですが、株式や公社債の名義変更なども、基本業務として対応できる方が多いです。
ですから、故人が残した株式や公社債を、相続人の資産として扱えるようにしたいとき、その手続きを手伝ってもらったり、一部を代行してもらったりできます。
自分で手続きがわからないときや、対応する手間を省きたいときは、司法書士に相談するといいでしょう。

この専門家以外でも、相続問題に強い専門家であれば、株式や公社債にも対応できる場合があります。
たとえば、行政書士、弁護士、税理士などですね。
これら専門家は、相続問題にあたってよく頼られる専門家です。
相続問題を特に専門とし、よくある問題に広く対応している専門家なら、株式や公社債などの相談にも応じられる場合もあります。

このように株式や公社債に関係する相続の専門家は、司法書士を始め相続問題でよく頼られる専門家陣が同じく対応します。
困ったときはこれら専門家の事務所まで相談に行ってみるといいでしょう。

ただし、これら専門家が対応できるのは、株式や公社債を相続するところまでで、相続した後、これら資産をどう運用するのがいいかといった問題には、あまり対応できない場合があります。
たとえば相続した株式をそのまま持っているのがいいのか、売った方がいいのか、売るとしたらいつ売ればいいかといった運用面の相談は、専門外となることもあるんですね。
これら資産運用面での相談は、その専門家となるファイナンシャルプランナーなどにまた相談するといいでしょう。