株式の相続例 - 相続で株式・公社債があったら?

HOME » 株の相続ガイド » 株式の相続例

株式の相続例

株式の相続は、現金などと違って少し特殊なところがありますから、どう相続すればいいのかよくわからないこともあるでしょう。
そんなときのため、よくある相続手続きの例をご紹介します。

特によくあるのは、一人の相続人がすべての株式を相続する例です。
相続人が複数いる場合でも、その株式をそれぞれの相続人の法定相続分に従って分けることはせず、特定の相続人がすべての株式を取得するわけです。

そうなるわけは、やはり株式が現金と違ってやや特殊な資産だからですね。
株式は現金のように、誰もがあらゆる場面で簡単に使える資産ではありません。
その価値は毎日めまぐるしく変わりますし、損をしないように運用するためには、これら株価を毎日チェックし、場合によっては損を出す前に売却する必要もあります。

また、そのような金融資産としての一面だけでなく、株式にはその発行会社のオーナーになれる権利書としての一面もあります。
株式を持っていれば株主総会で経営について発言もできます。
このような特殊な一面があることから、うまく扱うには知識も心構えも必要です。
投資にも会社経営にも興味のない方にとって、株式は魅力の少ない資産になりがちです。
ですから、無理に相続人の人数で分けたりはせず、株式に興味のある特定の相続人がすべてを相続することが多いんですね。

これはすべての相続人が株式に興味のない場合でも同じです。
故人以外、誰も株式に興味がない場合、株式を相続した直後にすべてを売却する例も多いです。
売却して現金に換えれば、あとはそれを相続人の人数で等分するか、もしくは法定相続分に従って分けられますね。
一度現金にできれば、誰でも簡単に使える資産となります。
そのために株式の売却を考えているときも、それぞれが一度株式を受け取って売却するより、代表者が一度すべてを相続し、その方の名義で一括売却した方が、手間も少ないんですね。

このような理由で、株式の相続は一人の相続人が代表してすべてを相続する例が多いです。
もちろんそれ以外の例もあるのですが、特に希望がなければ、特定の方がすべてを引き継ぐといいでしょう。