株式を相続した場合の名義変更 - 相続で株式・公社債があったら?

HOME » 株の相続ガイド » 株式を相続した場合の名義変更

株式を相続した場合の名義変更

遺産相続の際に対象となる財産はたくさんありますが、その中でも比較的相続する可能性の高いのが株式ではないでしょうか?
株式は企業に所属していた経験があったり、経営に携わっていると必ずと言っていいほど持っていますし、もともと株取引に興味があった人もたくさんいますので、亡くなった後財産として残ることがよくあります。

それでは株式を相続する際には何をしなければならないのでしょうか?
これは簡単に言うと相続することが決まった株式を自分名義に名義変更することで、当然ながら相続する前の段階では被相続人の名義になっているので、それを相続人の名前に変えないと成立しません。
名義変更する過程で最初にやるのは財産調査で、これは株式だけでなくいろいろな財産の評価を調べる調査ですから、株式の現時点の評価や上場株式なのか非上場株式なのかなどの詳細を明らかにできます。

株式の詳細が明らかになったら、次は相続人を誰にするか決めなければなりませんので、戸籍調査を行って相続人を確定します。
あらかじめ被相続人が遺言を残している場合はその遺言に沿って進めればいいのですが、そうではない場合は戸籍調査を行ってすべての相続人を明らかにする必要があります。
なぜなら、その後遺産分割協議によって誰がどの財産を相続するのか決めなければならないのですが、遺産分割協議には相続人全員が揃って同意しなければ無効になってしまうからです。

財産調査と戸籍調査は並行して進めておくと遺産分割協議までの流れもスムーズになりますので、遺産相続することが決まったら専門家に依頼しておくといいでしょう。
遺産分割協議によって誰がどの財産を相続するか決まったら、株式を相続する人は株式を発行している会社へ名義変更の手続きを希望する旨を伝えます。
一般的に上場株式の場合は証券会社や信託銀行を通して取引をしますので、まずは取引のある証券会社や信託銀行に連絡することになりますが、非上場株式の場合は証券会社や信託銀行を介して取引をしませんので発行元の会社に直接問い合わせます。

名義変更の際に必要になる書類は「株券(株券が発行されていない場合は不要)」、「相続による株式名義書換請求書」、「名義書換をして新しく株主になる人の株主票」、「共同相続人の同意書または遺産分割協議書」、「相続人全員の印鑑証明書」、「相続人全員の戸籍謄本」、「被相続人の戸籍謄本(出生から死亡まで連続したもの)」になります。