相続した株式を現金化 - 相続で株式・公社債があったら?

HOME » 株の相続ガイド » 相続した株式を現金化

相続した株式を現金化

株式は遺産相続の対象となる財産のひとつで相続されることの多い財産ですが、相続したあとに株式を保有し続ける人はそれほど多くなく、ほとんどの場合は現金化してしまいます。
相続人自身が投資をしているのであればその株式をそのまま保有し続けることもありますが、ほとんどは被相続人が投資をしており、それを財産として相続するケースになりますので株式の相続は現金化するまでの流れを把握しておいたほうがいいでしょう。

それでは株式を相続して現金化するまでの流れですが、まずは誰が遺産相続の対象になるか明確にしなければなりませんし、どこにどれだけの財産が残されているかも調査する必要があります。
これは戸籍調査と財産調査で明らかにすることができ、この2つの調査をした結果相続人と相続財産が確定します。

株式を相続する場合はその株式が上場株式なのか非上場株式なのかによって評価方法が異なりますから注意しなければなりません。
まず上場企業は株式市場に上場しているもので、証券取引所や信託銀行を通じて上場していますから、株式の評価を知りたい場合や名義変更の手続きをするときにはこちらに問い合わせます。

上場株式を相続する場合は被相続人所有していた株券一覧を発行してもらい、相続手続きの依頼書を発行してもらった後に名義変更します。
その際に新たに自身の口座を開設してそちらに移します。(すでに自身の口座を所有している場合は新たな口座開設は不要です。)

売却するときには基本的に通常の株式売買と同じやり方で行うのですが、これは普段取引をしている人なら分かるでしょうがやったことがない人にはよく分からないと思いますので、取り扱っている証券取引所や信託銀行の店舗へ直接足を運んで確認することをおすすめします。
非上場株式の場合は証券取引所や信託銀行を通していませんので直接株を発行している企業に問い合わせて確認してください。

発行している企業に問い合わせればインターネットや電話での株式の売り方を支持してくれますので、その指示に従って手続きを進めていきましょう。
このように相続した株式を現金化するときは上場株式か非上場株式かを確認してから、名義変更手続きを行って現金化をします。

より高く売りたいのであれば自分で株式売買を勉強してみても構いませんし、それをきっかけにはじめてみるのもいいかもしれません。
ただし相続税がかかる場合がありますので先にそれを納税してからのほうがいいでしょう。