相続した株式を現金にする - 相続で株式・公社債があったら?

HOME » 株の相続ガイド » 相続した株式を現金にする

相続した株式を現金にする

遺産相続の対象となる財産にはいろいろなものがありますが、中でも株式は相続することがよくある財産のひとつです。
被相続人が企業に勤めていた場合、その企業の株式を持っていることは多いですし、投資をしていて株式を持っているというケースもあるでしょう。

しかし株式を相続したとしてもその後それを持ち続ける人はあまり多くありませんし、現金にしてしまったほうが何かと使い勝手がいいと考える人がほとんどです。
それでは相続した株式を現金に換えるにはどのように流れになるのでしょうか?

はじめに相続の手順を踏んでいかなければなりませんので、被相続人が亡くなってから遺言書の有無の確認を行い、遺言書が残されていた場合は裁判所で検認してそこに記載されている内容に沿って進めていきます。
遺言書が残されている場合は株式だけを選択するということができませんので、自分に相続権が与えられない場合もあります。

遺言書が残されていない場合は遺産分割協議に入るのが一般的で、ここで誰がどの財産を相続するのか決めます。
株式を相続する場合、まずポイントになるのが上場株式か非上場株式かという点で、上場株式の場合は取り扱っている証券取引所や信託銀行に問い合わせて評価などを調べられますし、そこから相続に必要な株券の一覧と相続手続き依頼書を発行してもらいます。

そして株式を相続する場合、それを保有しておく口座が必要になりますので新規に自分の口座を開設しておきましょう。
次に非上場株式を相続する場合ですが、こちらは証券取引所や信託銀行で取り扱っていませんので、直接株式を発行している企業へ問い合わせるしかありません。

相続が無事終わって現金に換えるなら、上場株式の場合は取り扱っている証券取引所や信託銀行へ連絡して株式の売却を指示してください。
売却の指示は電話でもできますしインターネット上からもできますが、初めて株式の取引をする人はあまり慣れていないと思いますので、直接店舗へ足を運んでアドバイスを受けながら売却したほうがいいでしょう。

非上場株式を現金にする場合も基本的には同じで、電話やインターネット上から売却の指示ができますが、もし直接話を聞きながら売却したい場合は相続のときと同じように株式を発行している企業へ行ってください。
このように相続した株式を現金にする場合、上場株式だったのか非上場株式だったのかで少し手続きが変わってきますから注意しましょう。