株式の相続 - 相続で株式・公社債があったら?

HOME » 株の相続ガイド » 株式の相続

株式の相続

遺産相続の対象となる財産はいろいろとありますが、その中でも株式は比較的相続する可能性の高い財産であると言われています。
たとえば被相続人となる亡くなった家族が会社を経営していた場合、自社株を所持している可能性が高いですし、社員であっても株式を持っていることはよくあります。

また、個人的に株取引をしているケースもありますから、遺産相続の際には株式が関わってくるかもしれないと考えておいたほうがいいかもしれません。
株式の評価時点は基本的に手続きをするときになりますが、考え方としては相続開始からそれほど時間が空くわけではないので、ほかの財産を相続するときと同様に相続開始時でいいでしょう。

そして株式の相続をスムーズに進めるためには相続の流れをきちんと知っておく必要があります。
株式の場合、上場株式と非上場株式の2種類があって、どちらの株式を相続するかによって手続きの方法が変わりますから、それぞれの特性をきちんと把握しておいてください。

まず上場株式ですが、こちらは株式市場に上場しているいわゆる私たちがイメージしている株式のことで、取り扱いは発行している会社ではなく信託銀行や証券取引所になります。
したがって相続することが決まったら、取り扱いのある信託銀行や証券取引所へ連絡をして、現在の評価などをチェックしてから名義変更の手続きに移ってください。

名義変更をする際には遺産分割協議書などの必要書類の提出を求められることもありますので、必要なものをあらかじめ確認して用意しておきましょう。
そして名義変更する相続人は株式を譲り受けることになりますから、新たに自身の口座を開設する必要があります。

これは取り扱いのある信託銀行や証券取引所のもので構いませんので、早めに口座開設をしてスムーズな相続を心がけましょう。
一方非上場株式の場合ですが、こちらは株式市場に上場しているものではありませんので、当然信託銀行や証券取引所が取り扱っているわけではありません。

ですからコンタクトを取るなら直接株式の発行元になっている会社へ行って、その後の手続きを進めていきます。
非上場株式の場合、株そのものにそれほど評価があるわけではありませんから、そのまま自身の持ち株にするよりも買い取ってもらったほうがメリットは多いと思います。

このように株式を相続する際には上場株式なのか非上場株式なのかでやり方が変わってきますので、きちんと覚えておきましょう。