株の相続ガイドの記事一覧- Page 2 of 3 - 相続で株式・公社債があったら?

HOME » 株の相続ガイド

株の相続ガイド

相続した株式を現金にする

遺産相続の対象となる財産にはいろいろなものがありますが、中でも株式は相続することがよくある財産のひとつです。
被相続人が企業に勤めていた場合、その企業の株式を持っていることは多いですし、投資をしていて株式を持っているというケースもあるでしょう。

しかし株式を相続したとしてもその後それを持ち続ける人はあまり多くありませんし、現金にしてしまったほうが何かと使い勝手がいいと考える人がほとんどです。
それでは相続した株式を現金に換えるにはどのように流れになるのでしょうか?
≫ 『相続した株式を現金にする』

株式の相続

遺産相続の対象となる財産にはいろいろなものがありますが、その中でも特に相続することが多いのが株式で、これは会社を経営していた人はもちろん企業に所属していた人なら高い確立で相続する可能性があります。
それでは株式を相続するときにはどのような流れで進めていけばいいのでしょうか?

≫ 『株式の相続』

相続した株式を現金化

株式は遺産相続の対象となる財産のひとつで相続されることの多い財産ですが、相続したあとに株式を保有し続ける人はそれほど多くなく、ほとんどの場合は現金化してしまいます。
相続人自身が投資をしているのであればその株式をそのまま保有し続けることもありますが、ほとんどは被相続人が投資をしており、それを財産として相続するケースになりますので株式の相続は現金化するまでの流れを把握しておいたほうがいいでしょう。

≫ 『相続した株式を現金化』

株式を相続する

大切な家族が亡くなったあと、悲しみに暮れる間もないまま葬儀の準備をしなければなりませんし、遺産がある場合は相続をしなければなりません。
よく遺産相続はトラブルになりやすいと聞きますが、これはもともと家族や親族間で仲が悪かったときだけに起こると思われがちですが、決してそれだけではなく関係が良好だったにも関わらずトラブルに発展してしまうケースもあります。

≫ 『株式を相続する』

株式を相続した場合の名義変更

遺産相続の際に対象となる財産はたくさんありますが、その中でも比較的相続する可能性の高いのが株式ではないでしょうか?
株式は企業に所属していた経験があったり、経営に携わっていると必ずと言っていいほど持っていますし、もともと株取引に興味があった人もたくさんいますので、亡くなった後財産として残ることがよくあります。
≫ 『株式を相続した場合の名義変更』

相続した株式を売りたい

遺産相続では非常にたくさんの種類の財産が対象になり、その数が多ければ多いほど複雑にもなりますし相続人の間でトラブルになってしまう可能性もあります。
一般的によく知られている財産には建物や土地などの不動産や、自動車や貴金属、現金などがありますが、株式も代表的な財産のひとつと言っていいでしょう。
≫ 『相続した株式を売りたい』

相続時の株式の売却

残された遺産の中に株式があった場合、それを売却することを考える人も多いと思いますが、その際に知っておかなければならないことがいくつかあります。
まず株式に限らず遺産相続するときには相続税が発生する可能性があり、これは総額3,000万円以上からとなっています。
平成26年までは相続税の基礎控除額は5,000万円までだったのですが、改訂されて現在の価格になっているので注意してください。

≫ 『相続時の株式の売却』

相続時の株式の評価

家族が亡くなると残された遺産を相続することになりますが、その中でも株式は相続する可能性が高い部類に入る遺産だと思います。
株式について知識がない人はこれをどのように相続すればいいのか分からないという人も多いので、まずは正しい評価をするところからはじめてください。

株式には大きく分けて2種類あって、ひとつは上場株式、もうひとつは非上場株式です。
上場株式とは証券取引所で取引ができる株式のことを指しており、すなわち株の売買ができる状態にあるもののことです。
上場されていると日々多くの人の目に付きますし、企業の経営状況や評判などいろいろな要素が人気を左右しますから、安定していることもあれば、安くなったり高くなったり変動することもあります。

≫ 『相続時の株式の評価』